[近況] 白子修道院 祈りの日々 2010・初秋

暑い暑い夏は蝉の賛美が、そして朝夕が少し涼しくなってくると虫の音楽が満ち溢れ、
白子修道院の庭はいつも生き物たちの賛美が絶えません。

画像クリックで拡大表示します。  
(写真左)
まだ猛暑が続く9月4日(土)当聖堂でテゼの祈りの集いが植松氏のリードで行われました。
遠くは群馬県や八王子などから、聖公会、プロテスタント諸教会、カトリックなどの方々が
共に祈り、賛美の歌を響かせました。大きな喜びの一日でした。
(写真右)(修練者の皆さんと)
9月の中旬、三人の姉妹たちが長野県富士見町にある三位一体ベネディクト修道院を訪れま
した。聖ベネディクトの兄弟たちと共に祈り、分かち合い、交流を深め、また素晴しい自然
の中で新たな力をいただいて帰ってきました。